プロのサーバーのホスピタリティ

 アメリカのレストランでは、食事をオーダーする際に、デザートのオーダーも、最初にする場合もあります。特に、高級レストランでは、通常、2~3種類のスペシャルデザートがあり、テーブルについた際に、説明を受けることが結構あります。通常、スペシャルデザートを焼き上げるのに、30分以上かかることが多いです。そのために、ウエイターは、お客様の食事の進行状況を見て、キッチンにGOを出しています。

 今回は、店内に巨大水槽がある、ラスベガスのGOLDEN NUGGETS HOTEL内にある、CHART HOUSEの、その日のスペシャルデザート、スフレを食事の前にオーダーいたしました。

 担当のウエイターの方は、私達が食事が終わって、少しくつろぎだした時に、デザートを持って来てくれ、手際よく、スフレを食べやすいように、崩してくれました。私達の食事の進行状況を常に確認し、最高のタイミングで、デザートを持ってきてくれたことで、彼の経験の豊かさを感じました。

 スフレももちろん、美味しかったですが、今回は、このウエイターの方の、ホスピタリティ(おもてなし)について、ご紹介したいです。

 弊社では、展示会参加のために、主要展示会の開催場所、ラスベガスを、年に何度も訪れます。そのために、このCHART HOUSEも、結構利用します。この写真に写っているサーバーの方ですが、年に、数回は、私達のテーブルをサーブしてくださいます。

 毎日、相当のテーブルを担当されているはずですが、テーブルについた途端に、私達のことを覚えており、そして、前回注文した料理まで覚えておられました。前回は、これだったので、今回はこれはどうですか?という感じの会話がありました。

 私達の前には、一人で食事している方が、二人いました。一人の方とは、テーブルの横につき会話され、もう一方の方には、気配りはされていますが、会話がありません。恐らく、注文を取る際に、お客様が、どのようなサービスを求めてられいるのか判断されているのでしょう。

 私達のテーブルでは、ジョークを交えた会話もされますが、さりげない、行き過ぎでなく、少なすぎない、ほど良いおもてなしを受け、ここちよく食事をすることができました。日本の「おもてなし」は、たまに、過ぎることもあったり、丁寧過ぎたりと、逆に気を使ってしまうことがあります。この丁度良い「おもてなし」ですが、経験がないと、なかなかできないことです。そして、自然の笑顔!

 飲食の基本ですが、お料理、雰囲気、おもてなしが、三拍子そろうと最高、何かが悪くても「おもてなし」さえ、あれば満足してしまうものです。

 現在、コロナウイルスの関係で、ラスベガスのホテルは完全閉鎖されています。ホームページを見ると、5月中旬まで閉鎖のようです。今後、再開するとは思いますが、多くのビジネスが破綻することは予想できます。世界中が、平和で安全を取り戻し、またレストランで楽しい食事が、一日でも早くできるようになってほしいです。

 そして、今、苦境に立たされている飲食関係者の方々に、希望の光が一秒でも早く見れるようになることを願わずにはいられません。


Chart House 

129 Fremont St. Las Vegas. NV  89101


ーー 

YAGI USA LLCでは、アメリカ市場に関する最新情報を発信していきます! 

その他、米国進出支援、米国販路開拓サポート、展示会サポート、視察サポートなど、様々なご希望に対応させていただきますので、ご興味がございましたら、usat@yaginet.jpまで、お気軽にご連絡ください。 

以下のお問い合わせフォームからでもご連絡いただけます。 

ーー

YAGI USA LLCでは、アメリカ進出に役立つ情報、市場やトレンドに関する最新情報を発信していきます。

その他、米国進出支援、米国販路開拓サポート、展示会サポート、視察サポートなど、様々なご希望に対応させていただきますので、ご興味がございましたら、usat@yaginet.jpまで、お気軽にご連絡ください。

以下のお問い合わせフォームからでもご連絡いただけます。

YAGI USA LLC

アメリカのビジネス最新情報を受け取る!

0コメント

  • 1000 / 1000